名古屋・大阪・東京IG SEXRCISE TOURチケットぴあにて発売開始!!田中愛二郎(IG)さんにRYT500のお話を聞かせていただきました!

田中愛二郎(IG)Aijiro Tanaka
東京出身 東京⇔ロサンゼルス 在住
アーティスト https://aijitokyo.wixsite.com/ig-entertainment
神田外語大学卒業
振付師、プロダンサー、ダンス講師
RYT500(Experienced Registered Yoga Teacher)資格取得
2019年 アメリカのアーティストビザを取得
ロサンゼルスのダンスエージェントCrear Talent Agency所属
https://ny1page.com/2019/07/07/miru07072019/
2020年 レディーガガさんと共演
https://ny1page.com/2020/04/10/miru04102020/
2020年5月 IGセクササイズ考案
https://ny1page.com/2020/05/13/miru05132020/
2020年8月 IGセクササイズDVD発売
https://ny1page.com/2020/07/12/miru07302020/

2020年外出自粛中ゴールデンウィークに4.8畳のお部屋で生まれたIGセクササイズ。
インスタライブ→ツイキャス配信→DVD販売、そしてついに!
2020年10月、11月「IG SEXERCISE TOUR 2020」開催決定!!
名古屋、大阪、東京3か所で、みんなで~レッツセクササイズ!!超多忙なIGさん、5度目のインタビューに答えていただいてありがとうございます。

しゃけ:
コロナでバックダンサーとしてのお仕事がキャンセルになっている中で、ご自身のショーを開催しちゃうって・・・IGさん人気が止まらないというか、コロナ時代の救世主のような存在になっているのでは?と感じます。

IGさん:
ありがとうございます。自分でも「こんな展開ある?」って感じで。毎日本当にドキドキです。楽しみに来てくださる皆様を絶対に満足させたいという気持ちや、チケットの売り上げなど、自分に全責任があるので、、もう、切腹覚悟です。プレッシャーが・・。
今回自分が中心のアーティストとして舞台を作るときに、お二人バックダンサーをお願いしています。自分の想像している世界はダンサーがいてくれることで完結するので、バックダンサーという仕事の重要性を身に染みて実感しました。

しゃけ:
作詞作曲歌、振り付け、主演、DVD制作、配送までなんでも自分でやってしまうIGさんですが、IGさんデザインのTシャツも大好評と聞きました。

IGさん:
京都のN/O releasingさんからコラボTシャツのお話をいただいて、デザインさせていただきました。IGセクササイズにはアメリカで学んだエクササイズ、日本で学んだダンス、自分の性癖、インドで学んだヨガの要素が入っています。ヨガの考え方で7つのチャクラ(人体のエネルギーポイント)を色で表現することがあるのですがピンクが入っていないんですよね。8つ目のチャクラは「神」なのでインドでは神に達することはできないだろうと、「8つ目はない」とマニッシュ(ヒンズー語通訳お友達)は言っていました。でも、8つ目があるとしたらそれはきっとピンクだ!ハートだ!と直感で。

しゃけ:
「The 8th Chakura」Tシャツ、記事執筆中に完売してしまったようですが、デザインはこちらです→https://www.noreleasingstore.com/collections/other-brand/produts/ig-n-o-releasing-the-8th-chakra-tee
幕張メッセでのIGさんのお写真を拝見させていただきましたが、明らかに神わざです。到達している感じが!
前回のインタビューの続きなのですが、RYT(Registered Yoga Teacher)500について詳しく教えていただけますか?

左下 日本語⇔ヒンズー語通訳 マニッシュさん

IGさん:
ぜひぜひ。ヨガ大好きな皆様、お待たせ致しました!
数年前に、RYT500取得のためにインドのリシケシ(ヨガ発祥の地)にあるアシュラム(お寺のような)で500時間を過ごしました。毎朝6時から始まります。(週に1日のお休みにはガンジス川上流に行って108回潜ったり)
タイムテーブルの表にありますが、まずマントラの勉強かクレンジングプロセス(鼻うがい)があります。(一日おき)

マントラとはお経みたいな(ヒンズー語)ものです。ヨガをやる前とヨガをやった後、唱えるものです。内容はシャンティ(平和)やシバ様(ヨガの神様)にヨガを学ばせていただくことに感謝。ヨガの時間は俗の時間とは別なのでヨガの世界に入出するときに必ず唱えるという感じです。

RYT500タイムテーブル 500時間の修行の末もらえる証明書

クレンジングプロセスというのは鼻から管を入れて口でキャッチ。これがなかなかできなくて、自分は1か月半かかりましたね。ガンジス川でみんなでやるんですが11月に行ったので寒くて寒くて凍え死ぬかと。もう一つは鼻うがいで、ちょっと塩味の体温と同じくらいの温度のお湯を右の鼻から吸って左から出す、左から吸って右から出すというものです。おでこのところに第三の目と言われる肉体と気体をつなぐスポットがあるので、気体の通りをよくするためでもあります。

6時半からはプラナヤマ(呼吸法)です。例えば、ウジャイ呼吸は火の呼吸、喉の奥でシューと摩擦音を出す胸式呼吸。ナビショダンというのは指で片方の鼻の穴を抑えて、右から吸ったら左から出す、左から吸ったら右から出すというものです。集中力を高めます。右の鼻が詰まっていたら未来のことを考えすぎている、左の鼻の穴が通りが悪いと過去のことを考えすぎていると言われています。

それが終わって朝食になります。「Breakfast with silence」なので、黙って食べる。フルーツ、豆、はちみつ、しょうが湯などです。お肉やお砂糖はNGです。黙ってもくもくと食べることで、食べ物のおいしさやありがたみに集中します。
次がアナトミーで解剖学です。肉体の構造を科学的に学びます。基本的には呼吸器、消化器系が多くて、口から食べたものがどのようにして肛門から出てくるか、口から吸った空気がどうなって吐き出されるのかといったことを学びます。
次がアシュタンガヨガ。これ大好きで、いまでも続けています。流れでやるヨガです。体を動かした後はランチで、こちらも黙っていただきます。お昼はカレーです。夜もカレーなんですけど、毎回どろっとした日本風のカレーとさらさらのスープカレーが2種類出ます。緑色だったり、フルーツがお肉風になって入っていたり工夫されているので飽きなかったですね。アルコールは一切ありません。

ランチ後にはヒンズー語、ヨガ哲学、瞑想、チャクラ、ムードラ(5本の指には意味がひとつひとつ意味があります。フィフスエレメント)などを学びます。セルフプラクティスは自主練で苦手なところはここで練習したり復習できます。
次がアサナ(ヨガのポーズ)の検証。ひとつひとつのポーズを詳しく学んでいきます。
Special Activity(スペシャルアクティビティー)の時間には特別なお祭りがあればみんなで行ったり、踊ったり。
野生のウシ、サル、犬が道路に常にいて、涙が出そうな美しい風景があって、世界中からたくさんの人たちが集まっていました。1,2カ月ここでヨガをするということは、仕事を辞めたり何かしらのターニングポイントで来ている方が多かったですね。億万長者と思われる老夫婦から学生の方まで、国籍もみんな違って異文化交流には最適な場所だと思います。

しゃけ:
インドの物価は日本と比べてどうですか?RYT500を取得するのにかかったお金も教えていただきたいです。

IGさん:
チャイティー一杯が日本円で5円くらいです。
RYT500を取るためにかかったお金は2カ月間全てで60万円くらいだと思います。
スクール代にオプションで日本語の通訳をつけるというというものがあり、英語が分からない事もあるので、2か月間マニッシュにお世話になりました。

しゃけ:
ヨガの世界、私は全く知らなかったのですがとても興味が湧きました。
ツアーの成功お祈りしています。一般チケット発売開始は2020年10月17日!!

IGさん:
こちらでオンラインのヨガのクラスもやっています。
https://mosh.jp/sexercise/home
今年の12月にはロサンゼルスに行く予定なので、10月、11月にIGセクササイズツアーで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください