iPhoneのCMでレディーガガさんと共演!田中愛二郎(IG)さん

田中愛二郎(IG)Aijiro Tanaka
東京⇔ロサンゼルス 在住 アーティスト
神田外語大学卒業
振付師、プロダンサー、ダンス講師
2019年アメリカのアーティストビザを取得
ロサンゼルスのダンスエージェントCrear Talent Agency所属
https://aijitokyo.wixsite.com/ig-entertainment

しゃけ:
2019年7月にインタビューさせていただいたときに「目標はレディーガガさんのダンサーです」とおっしゃっていたIGさん。2020年3月!!夢が叶ってしまいましたね!すごいです!おめでとうございます!!

IGさん:
そうなんです!!しゃけさん、ありがとうございます。自分にとって本当に神聖なことでした。もういろいろありすぎて、、なにから話せばいいのか。

しゃけ:
11月に渡米されたのですよね?どのようなオーディションだったのか聞かせていただけますか?

IGさん:
はい。2019年の11月にロサンゼルスに着きました。エージェントに合格して、アメリカでも働けるビザを取るということも新境地でしたが、アメリカで働くためにはソーシャルセキュリティーナンバーも必要なんですよね。その発行に1か月かかったので、最初の一か月はレッスンを受けながら、オーディションを探し、資料作成のための写真撮影(トップ画像の写真です)、ダンスのショーを見に行って研究したり、自分を知ってもらうための発信などをしていました。エージェントに合格してもお給料をもらえるわけではなく、オーディションのための旅費を出してくれるわけでもないです。
12月にはいくつか回してもらったオーディションと、自分で探したオーディションを受けました。ラスベガスやニューヨークまで行って、最終選考までは残ったのですが。。
休みの日は現地の友達とハイキングしたりホームパーティーがあったり気分転換になりました。夜は意外と、、健全なんですよね。
でも、怪我もしてしまい、もうだめだ・・・死ぬ・・・くらいまでどん底を味わいました。母に電話したほどです(笑)。
そんな時、2020年の1月ですね、エージェントから「リッチーのビデオプロジェクトのオーディション募集が来ているが受けてみるか?」と聞かれました。リッチーはガガ専属の自分の尊敬する振付師ですので、迷わずYes!と言いたいところだったのですが、落ち続けてへこんでいた時期で、怪我で体調も最高ではなく・・・でも母の「逆に力が抜けて良いんじゃない?」の一言で切り替えができ、受けてみることにしました。

しゃけ:
お母さま!さすが!レディーガガさんとの共演とはその時は知らなかったのですね?それでもすごい倍率だったそうで。

IGさん:
レディーガガという名前はその時はまだ出てきていませんでした。母は偉大ですね。オーディションではみんながライバルという状態になるので、信じられる人がいる安心感に支えられました。
数百名の応募はあったと思います。あらかじめ言われていたダンスを番号をつけて5人ずつで踊り、「Thank you」と言われれば不合格、「Stay」と言われれば合格というのが一次審査でした。実は3年前にもレディーガガさんのオーディションを受けたのですが、その時はこの一時審査で「Thank you」でした。その時はエージェントもいないしビザもなかったので、だめで元々と思って受けたのですが、もう、今回は、「ここで落ちるわけにはいかない!」という状態。精神的にはがちがちに緊張していました。目立つために露出高めの服を持っていったので寒かった。真冬!

二次審査では「君たちのスペシャリティーを教えてくれ」と言われたので、ポールダンスと答えたのですがポールの用意はできないと言われて、ヒールとジャズファンクグループで番号をつけて写真撮影と全体のバランスチェックなどをして帰された感じです。

しゃけ:
結果はその場で出ないのですか?オーディションの様子、こちらの動画で見せていただきました。→https://youtu.be/e7eX7b75cN4

IGさん:
出ないんです。連絡もぜんぜん来なかったので、完全に「ああ、落ちたんだな」と思っていました。が、エージェントから前日に「明日から一週間行ける?」と連絡があり、「え!行けます、行きます!」と行ったところが・・・レディーガガさんのミュージックビデオ撮影とiPhoneのCM撮影!!
もうこの時は大興奮でしたね。5日間はスタジオでのリハーサル、最後の2日間に撮影ということでした。

しゃけ:
すごい!「明日から行ける?」が合格の合図なんですね。(笑)リハーサルの様子を教えていただけますか?

IGさん:
まずは色でグループ分けされました。自分はピンク。黒からリハーサルが始まって。黄色、赤、青、緑・・・一日目はなにも踊れずに終わってしまいました。二日目にピンクの振り付けがあり、三日目に!!ガガ様登場!!

あ!これだ!これだ!

夢が実現する瞬間は興奮というより、「あ!これだ!」という確信を感じました。そんな自分にびっくり!(笑)
ダンスを披露したら、ガガ様が「キッズたち、ありがとう。リッチー、ありがとう。私の思いを形にしてくれた天才たち。」と涙を流してくれました。
今回の「STUPID LOVE」という作品の中で表している色を簡単に説明すると、黒は暴力的な人達、黄色はあざ笑う人達、緑は自然、赤と青は戦争、ピンクは愛でした。ピンクは「何が大切なのかが初めからわかっている人達」で、Kindness Punkというグループです。”愛のために戦える戦士”の役でした。
ダンサーで日本人は自分一人でしたし、すべての英語は聞き取れていないんですけど、なんとかなりましたね。ダンスという表現方法が世界共通語なんだな。と。もちろん英語がもっとできるようになりたいとは実感しました。
この一週間はずっとぷかぷか浮いているような、映画のような時間で。出来上がりを見るまでは落ち着かなくて。

しゃけ:
ガガ様復活の大切な作品!気合が入っていますね!ミュージックビデオでレディーガガさんのすぐ隣と言っていいくらいのところにいらっしゃいますが、立ち位置はどのように決まったのですか?

IGさん:
最初は一番前ではなくて、前から二番目の列にいました。
「好きな武器を選んでいい」と言われたので盾が大きくていいかなと選んだら、ガガ様が「盾が2列目っておかしくない?」と、自分が最前列へ!動画ははこちらです→https://youtu.be/H1MfEWsIWYY
砂漠でのガガ様のお言葉は
「バックダンサーをしている、PVの撮影をしているとは思わないでください。あなたがスターなんです。健康に生きて、ダンスができるのは奇跡のようなことで、その幸せを表現してください。世界には善と悪がありますが、良いこと、悪いこと、どちらを選択するのか、決めるのはあなたです。人生は良い方を選択できるかどうか、という自分との戦いです。」でした。

しゃけ:
ミラクルですね。他の出演者の方たちの雰囲気はどうでしたか?
「Stupid Love」のミュージックビデオです→https://youtu.be/5L6xyaeiV58

IGさん:
砂漠には金曜日の夕方にスタジオ集合で、バスで3時間。ルームメイトは一回り以上若い男の子で同じピンクチーム。毎回洗顔後パック貸してってかわいかったです。(笑)

ハウスオブガガ(ガガの製作チーム)の衣装担当ニコラさんは日本人とイタリア人のミックスの方で、「日本人?すごい!」と驚かれながら、フィッティングを担当していただきました。ヘアメイク担当の中にも日本人クルーがいて、髪の毛はさらにピンク、眉毛もブリーチしてもらって。
英語が分からないときはダンサーのみんなも後からわかりやすい英語で教えてくれたり。それでも食らいついていくのに必死でしたが、スタッフ含め現場の皆さんが本当に温かくて優しかったです。

しゃけ:
まさに夢が現実になった素晴らしい一週間でしたね。

IGさん:
一週間は夢の中で過ごしましたが、その前の90日は・・・苦しいことが多かったです。ロサンゼルスでじっとしていたら何も起こらないんです。自分から動かない限りはどうにもならない。山のようにいる自分よりダンスのうまい人たちに圧倒されて恥もたくさんかきました。七転び八起きどころではなくて、転びすぎて怪我して、、でもどうしても踊ることをやめられませんでした。

オーディションに落ちても、いちいち落ち込まずに「はい、次!はい、次!」と一人で動き続けるしかない。本当に苦しい日々もありました。だけど、支えてくれる人達がいる!これがやりたかったんだ!挑戦しに来たんだ、これを味わうために来たんだ!という気持ちが強かったです。だからこれからも挑戦し続けていきたいと思ってます!!

しゃけ:
なるほど。苦しさの中での充実感!国外に出ると日本の良さにも気がつきましたか?

IGさん:
日本の家族、支えてくださる方々への感謝が湧き出てきましたね。日本の仕事を中断してまで挑戦させていただいたので、1日も無駄にできない!と体も心も限界というところでした。
人生いろんな選択で迷っている人は多いと思いますが、いつでも自分の人生は自分で選ぶということが大切です。自分は大学を卒業したときに、就職活動はしない、と選択しました。
選択できない場合もありますけどね、今回の撮影でも最終日になって変更を余儀なくされる展開もありました。不可抗力の状況になったとしてもその中でなんとか生きていく粘り強さも大切だと思います。自分がどん底の時は人の成功を見ても素直に喜べないということありますよね。でもそのジェラシーはインスピレーションに変えられるのだな、というか、それを力に変えられるのも自分でしかないです。自分を信じよう!
日本にはツアーダンサーのお仕事のために戻ってきたのですが、そのツアーもコロナのためにできず、ライブやクラブのお仕事も延期になっています。
撮影はできたのでサンリオの振り付けのお仕事や、渡辺直美さんと千鳥さんの振り付け(KIREIMOキレイモのCM)のお仕事は大丈夫だったのですが。
仕事が減る中でも、自分のできることを探して選択していきたいと思います。今は「Let’s Kill The CORONA」 のオンラインレッスンを開催しています。
https://youtu.be/P3ScjvZli-A
最新ファイナルファンタジーではモーションキャプチャーでアニヤン役をしています。https://youtu.be/KnyHq1XGifI
https://youtu.be/e9BYHsyMrVg

しゃけ:
最先端なお仕事ばかり!今後の目標を聞かせていただけますか?

IGさん:
ダンサーとしての夢はもっと上手くなってレディーガガさんのクルーの一員になり、ツアーで世界を回ることです。他の素晴らしいアーティストの方々とのお仕事ももちろん続けていきたいです。
自分は美しいものは何かと聞かれたら、「人が一生懸命やりたいことをやっている姿」だと答えます。若さや完璧さではありません。そして部屋は心です。今コロナのために家にいなければいけない日々が続いていますが、一度家に帰り、心に戻って大切なものが何なのかを問いただす時間ではないかと。他の誰かではなく自分が心の主導権を握ること。美しいものを追求して常に更新していきたいと思っています。

インスタグラムでも応援してくださる皆様本当にいつもありがとうございます!!
https://www.instagram.com/stori
es/ig.tokyo/?hl=ja

しゃけ:
貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!そして私のわがままを聞いていただいて、素敵なトップ画像を。。感謝です。これからも応援しております!!
前回のインタビューはこちらです。
今からできる!!IGさんのレッスン動画はこちらです。
↓↓
■コロナに負けないダンス
https://youtu.be/_Fjzb1SvsjU
■サンリオ振付
https://youtu.be/P3dDK8ZeUJU
■30分で出来るダンサーのウォームアップ
https://youtu.be/cv8nMM0i3NQ
■3分で出来るお腹の引き締め方
https://youtu.be/eQdNRb3B6kY

https://www.patreon.com/ny1page?fan_landing=true

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください