Trip of Loveの肉体美男たちにNYでトリップ

オフブロードウェイ・ミュージカル「トリップ・オブ・ラブ」

今回ステージtripoflove1を見てワクワクさせられた。60年代のヒット曲満載で、
セリフなしで英語を聴きとる必要ないためか、お気楽に楽しめる。

楽しい音楽が流れ、目の前には、男前と美女が次々と出てくる。キラキラした舞台を見ているだけで、
まるでバック・トゥー・ザ・フューチャーのタイムマシンに乗って60年代にトリップした気分だ。

なんといっても女性にとってありがたいのは、ハンサムな男たちの肉体美がみれるところ。
顔がキレイなだけじゃなくて、ミュージカルスターはダンスで鍛えてるからか、引き締まった身体が美しい。

次から次へと、肉体美のマッスルマンが出てくるうちに、女として生きていてよかったとしみじみ思った。
アメリカ人しか出てこないミュージカルなのだけど、なんとプロデューサーは、日本人の出口最一氏。
ほぼ白人ばかりが出てくtripoflove2るミュージカルではあったが、私の一番のお気に入りは、

黒人女性ディオンヌ・フィギンズ。

彼女のダンスは、1ミリもくるいのない動きでノリもよく、歌唱力も1ミリだってくるいのない音程で美しい音を奏でる。
黒人女性のパフォーマーとしてディーバともいえる彼女を観に行こともふまえて、
足を運ぶのに価値ある演劇である。

ぜひ一度は、Trip of Loveのステージを見て60年代の世界にトリップし、楽しいニューヨークの夜を過ごしてほしい。

 

【関連URL】
トリップ・オブ・ラブのオフィシャルサイト

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中