寝ている時にご用心・・・

じわじわと襲ってくる恐怖が味わいたいのなら、お勧めの映画はコレ。

ヒラリー・スワンク主演のストーカー。
ニューヨークが舞台の映画。
ヒラリースワンクはブルックリンに住む女医を演じている。
しかし女医ってだけで、まったく医療とは関係ない。

彼女がブルックリンの広いアパートを借り、
トレーニングウェアでご近所をジョギングしている姿など、
かなりニューヨーカーっぽい。

こういう人、いるいる!って感じだ。

さて、この映画に迫る恐怖といえば、
寝ている間にご用心。。。ってやつだ。

寝ている間に、自分に何が起きているのかわからないというのは、
かなり怖い。

私はこれまで、何が起きても目が覚めないというほど、
深い眠りについたことはないが、酔っ払って
記憶がないときみたいなものか?

酔っ払って記憶のないときって、あちこちにぶつけて、青あざが
できてたり、頭にこぶができてたこともある。

しかし、この場合、酔ってるせいで、しっかり記憶できていないというだけで、
その時には意識があるわけだから、眠っているのとは違う。

眠っているときに、何が起きているのかわからないという恐怖は、この映画を見ていると
知ったときの主人公同様に泣き叫びたくなるほど怖い。

さて同様に、寝ている時に起きていたことによって、泣き叫んでしまう映画は、
もう一作ある。

川端康成原作の「眠れる美女」を元につくられたというスリーピング・ビューティー


こちらの映画も、眠っている間に行われていることが
わからないという恐怖がじわじわとせまってくる。

こちらは、インテリアやコスチュームなどが
マニアックな内容に反して、上品で美しい。

しかし内容がマニアックすぎるので、これが見た目グロかったら、
ぜったいに見たくない映画だ。

主演のエミリー・ブラウニングのしなやかな肢体が美しい。

レイチェル・ブレイクが演じた、奇妙な仕事をくれるエージェントも
秘密めいていて、そわそわさせられる。

私はどちらの映画も見た後に、まったく問題なく眠りにつけたが、
安心して寝ることができなくなるような美人は、
2本とも閲覧要注意の映画だ。<ベイリー弘恵>

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中