魂で感じる作品を生み出す彫刻家:Chie Shimizu


Photo courtesy of Chie Shimizu

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。」

鴨長明が『方丈記』で綴った無常観を芸術作品として世に送り出す彫刻家、Chie Shimizu。永遠の中の一瞬を見たような感覚に陥る彼女の作品は躍動的で力強く、それでいてどことなく儚い。そして私はその儚さに魅了される。その儚さこそが、彼女の作品のエッセンスである無常観なのではないだろうか。


Photo courtesy of Chie Shimizu

Long Island City のスタジオに並ぶ数々の写実的かつ幻想的な人物像。彼女の作品の一つ一つに魂が宿っているのではないかと思うほど、言葉では表せない何かが心に響く。そもそも彼女が人物を作り始めたのはニューヨークのコミュニティカレッジの講師に「君は人物を作ってみるといい」と勧められたことがきっかけだという。その押しがなかったら彼女の作品は全く違うものになっていたのかもしれない。その講師は彼女自身ですら気づいていなかった才能を見抜いたのであろう。作品作りは粘土で原型を作り型を作るところから始まる。型を作ることは場所、時間、そして労力を必要とするため、多くの彫刻家は型を発注して業者に作ってもらっている。それをChie Shimizu は一から自分の手で作っているのだ。最初から最後まで自分の手で仕上げるという所に彼女のこだわりを感じる。


Photo courtesy of Chie Shimizu

近年のChie Shimizu の彫刻には絵の要素が含まれる。前に絵を描いていた経験のある彼女は、絵だけでは表現できない部分があることを感じていた。それは彫刻だけでも表現しきれなかった。彼女には両方必要だったのだ。「彫刻をキャンバスに見立てて絵を描くような感覚」で自分のアイディアを思う存分表現するために彫刻にペイントするという手法を使い、彼女独特のスタイルを作り上げた。物書きのライターズブロックのようにアイディアが浮かばず, 作品作りに困ることはないのかと尋ねると、「アイディアは山ほどあってそれには困ったことがない」と言う。とめどなく溢れ出すアイディアを元に、彼女は次々と個性に満ちた作品を仕上げてゆく。


Photo courtesy of Chie Shimizu

ニューヨーク という日本からかけ離れた地で作り出される彫刻ではあるが、彼女の作品からは深き良き日本の伝統が感じられる。作品の中には”風神雷神”をモチーフにしたものや、仏像の着物の柄を取り入れた物もある。「時間を感じるものが好き」だという。「千年くらい前に書かれた絵を現代のアートとしてここに描くことによって、千年分の時間をここに描いたという感覚が好き。」そう語る彼女の作品には、ペインティングに膠(にかわ)や胡粉(ごふん)など伝統的な日本工芸で昔から使われていた材料が使われ、色味も極めて日本的だ。


Photo courtesy of Chie Shimizu

メルティングポットと言われるように色々な人がいて色々な考え方があり、どんな表現も認めてくれるニューヨークは「可能性のある町。」日本古来の伝統文化を作品に用いることは、彼女がニューヨークに来たからこそのアイディアであるとChie Shimizu は言う。日本とかけ離れた場所にいるからこそ大切にしたい母国の文化。それは渡米した日本人なら誰でも共感出来る所ではないだろうか。伝統的な柄や材料を使い、千年の時を現代アートとして表現するという発想は、枠にとらわれず、いつも刺激的なニューヨークという土地にいるからこそ浮かんだ物なのであろう。


Photo courtesy of Chie Shimizu

独創的な人物像で人の目を魅了する Chie Shimizu の作品は、インスタグラムを見て遠くからわざわざ作品を見に来る人もいるほどである。しかし、どんなに素晴らしい作品を作っても芸術家として生計を立てることは並大抵のことではない。彫刻家として続けて行くには芯をもち貫く意思がなくてはならない。厳しい状況でも彫刻一本で活動している Chie Shimizu の作品からは、彼女の芯の強さと彫刻へのパッションがひしひしと伝わってくる。

一瞬でなくなってしまう“今”という時間、その一瞬一瞬をキャプチャーしたかのようなChie Shimizu の作品は情熱と静寂という二つの面を持ち合わせ、見るたびに人間の力強さと儚さを考えさせられる。こうして彼女の作品を文章にしてみると、あまりにも伝えきれないことが多いことがもどかしく感じられる。それは彼女の彫刻が心で感じる彫刻だからなのだろう。

「私がやらなきゃいけない気がする。」そう言ってChie Shimizu は彫刻を作り続ける。
-e Instagram: @evillagestone


Chie Shimizu
Website: http://www.chieshimizu.com/home-1.html
Facebook: https://www.facebook.com/chieshimizustudio
Tumblr: https://chieshimizu.tumblr.com/
Instagram: https://www.instagram.com/chieshimizu_/?hl=en

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください