吉田兄弟 x Monkey MajikのNYライヴ

Yoshida Brothers

11月14日ニューヨークダウンタウンのウェブスターホールで、吉田兄弟とMonkey Majikのコラボレーションでライヴが行われた。会場の前には、アメリカ人、日本人のファンが長い列をつくっていた。日本から来ているファンもいるようだ。

ニューヨーカーの二人組みJ(21)とNaima(20代)。Jは、高校時代から5年以上Monkey Majikの音楽を聴いているという。元々はドラゴンボールなどのアニメファンで主題歌にはまっていくことで、さまざまなロックを聴くようになった。Youtubeなど動画サイトや音楽のダウンロードなどで曲を入手しているという。歌詞は、英語に翻訳しているサイトから解読している。

今回コラボレーションする吉田兄弟ももちろん知っていて、日本の伝統的な音楽をやっていてクールなアーティストだと語った。

J「これからの音楽は、言語の壁なんて関係ないよ。いいって誰もが思う音楽ならば、人気になるんだ。たとえばコリアンのPSY(サイ)は今アメリカで、ものすごく人気だけど、ほとんどの人が、ガンナムスタイルのところぐらいしか意味をわかってないよね」

会場内では、吉田兄弟の津軽三味線の音が、複雑な音を刻めば刻むほど、拍手がわきあがり、「素晴らしい」と声援をおくった。

Monkey Majikのバラードは、日本語でしっとりと歌ったが、観客は息をのんで聞き入っているようだった。ラストに演じた吉田兄弟とMonkey Majikのコラボレーション曲Changeでは、津軽三味線の音が軽快に鳴り響く中、アップテンポの曲にのせて観客一同も熱くノリまくった。

Monkey Majik

【関連サイト】
吉田兄弟オフィシャルサイト

Yoshida Brothers

Monkey Majik オフィシャルサイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中